1. HOME
  2. プロジェクト情報
  3. 町工場の未来を変えて行け。
    世界で一つのミュージアムプランナーに!

募集中

町工場の未来を変えて行け。
世界で一つのミュージアムプランナーに!

イベントやコラボ企画から、ものづくりアートの場を盛り上げる。

  • 企業

    株式会社フジタ

  • 募集期間

    2017.11.27-2018.08.31

プロジェクトについて

プロジェクトについて

町工場の社長が産み出したチャレンジ
金属加工の町工場。そんなアルミのプロである社長が工場から業界の可能性を広めるために、もっとチャレンジを起こしたい。そんな想いで作ったのが想像ができないほど全く新しい角度で立ち上げたのが『FACTORY ART MUSEUM TOYAMA』一見、地味に思える業界に現場と業界を越えて何かをはじめる。

町工場には、現場の職人が様々なモノを生み出せるという強みも、美しい金属を加工できる面も、楽しいこともたくさんあります。そして、その魅力を業界を越えたコラボレーションで伝えていきたい。私たちは、その第一歩として世界初、町工場のメタルミュージアムを作りました。

▲作品の第一号

ミュージアムについて

富山県は実は、北陸3県では工業生産高が一番高く、ものづくり県と自負しています。また、芸術を楽しむ文化も根付いています。例えば、富山県は人口1人あたりの美術館の数がなんと日本でNo.1となっています。そんな背景もあり、工作機械で作られた、アート作品を鑑賞できれば面白いのではないか!と考えました。

▲作られたミュージアム

町工場初のミュージアム、もちろん作っていく私たちも初めてのことばかりでした。また、ミュージアムのプロジェクトを進めるにあたり、私たちも初めてアート作品の削り出しに挑戦しました。失敗もありましたが、作品を形にしていく中で異業種の方、普段のお仕事ではお会いできないような専門技術を持った方との出会いがありました。

▲木彫りの欄間をアルミで制作した作品

ミュージアムを通して場と繋がりを作る

私たちは町工場とミュージアムという相反する場を作りました。今後はここをいろいろな職業、技術、知識、を持った人が気軽に集まれる場(ba)にし、ここに来れば誰かに会える、つながれる場(ba)にしていきたいと考えています。

▲イメージ図

また、人と人がつながると新たなコミュニティができます。コミュニティから新たな発想や技術が生まれます。ミュージアムを進める過程で、私たちも普段出会うことがない人や知識と出会うことができました。このミュージアムがきっかけで、新たに出会い、出会いをきっかけに、自社でアート作品の製作に挑戦する、コラボして何か新しいものを作る、などものづくりアートの発祥となるようなそんな場(ba)にしていきたいと考えています。

▲話す、代表の梶川さん

インターン内容

ミュージアムを作り、さぁこれから。インターン生とは、このアートミュージアムを盛り上げていくため、イベントの企画や運営、他企業とのコラボを一緒に行っていきたいと考えています。どんな場やコラボを企画したいか、一緒に相談しながら作っていきましょう。町工場から始まる新しいチャレンジに一緒に取り組むインターン生を募集します!

期待する効果/挑戦できる仕事

期待する効果/挑戦できる仕事

  • 期待する成果:①ミュージアムでのイベントを企画運営実施3回以上、②ミュージアムの活用提案

  • 挑戦できる仕事:ものづくりの現場で、イベントやコラボ企画に挑戦できる

  •  

  •  

募集要項

募集要項

対象となる人
  • 町工場のイメージを変えたい人/新しいことにチャレンジしたい人/失敗を恐れないで進みたいと思える人/コラボレーションしたイベントを行いたい/多くの人と関わり合ってたい人/何でもやってみたい人/中小企業の社長と本気になりたい人

  • のうち、どれか一つでも当てはまる人!

期間/活動条件
  • 期間:6か月間

  • 頻度:【学期中】週2.5日以上【休暇中】週4日程度

活動場所
  • 〒939-0131 富山県高岡市福岡町荒屋敷522

    地図を見る
  • 金沢駅から電車で30分/最寄駅福岡駅から自転車15分

その他

事前課題:コーディネーターと要相談

活動支援金:あり

受け入れ企業紹介

受け入れ企業紹介

株式会社フジタ

▲グランドオープンイベントの写真

小さくても、オンリーワン。

私たちフジタは、創業者の藤田幸雄が機械部品の旋盤加工会社として創業し、以来、各種金型の設計・製作業務を拡張しながら、日々修練を積み、皆様方より長らくのご愛顧をいただいております。創業者が常々言っていた言葉に『なんでもいいからナンバーワンになれ!』という言葉があります。時代は、大量生産、大量消費の時代でした。その時代に、このような事を言っていた創業者は、『大きなものに流されて言いなりになるな!自分達しかできないモノを身につけろ!』と伝えたかったのでしょう。それから時代は流れ、時代に合わせ変化をし前向きに取り組んできたモノだけが生き残っています。これからも、常に考え、疑問を持ち、新しいことにチャレンジしていく姿勢は変わりません。

モノづくりは、ヒトづくり。どんなにコンピューターが発達しても、新しいことはヒトの創造から生まれてきます。ヒトが育つ環境づくりを目指し、新たなモノづくりを創造していきたいと感じています。

事業内容
アルミ鋳鍛造型 設計・製作 鍛造金型 製作 プレス金型 設計・製作 ブロー成形金型 製作 アルミ製品 削り出し加工 試作型及び各種治具製作 金属アート品 製作
設立
1975年3月18日
代表者
代表取締役 梶川 貴子
従業員数
15名
WEB
https://www.fujita-k.co.jp/

関係者からのメッセージ

関係者からのメッセージ

経営者からのメッセージ

準備中

コーディネーターからのメッセージ

準備中

興味がある/まずは相談してみる