1. HOME
  2. イベント&コラム
  3. 自由にできる今、周りと合わせていることがもったいなくて(笑)【大学生インタビュー企画】

自由にできる今、周りと合わせていることがもったいなくて(笑)【大学生インタビュー企画】

2019.9.30

日頃、自分の周りの友達が授業外で何をしてるか?他学年・他大学の大学生が何に取り組んでいるかなんてあまり知る機会はないですよね。でも、気になりませんか?

このコラムは、様々な大学生を紹介するとともに、○○に興味あるけど、こういうことできるのかな?というヒントに繋がることも掲載していく企画です◎

1分ほどで読めるので、ちょっとした隙間時間に読んでみてください。

部活一筋だった松本さんにインタビューしました。

北陸大学経済経営学部3年の松本夕璃(まつもと ゆり)さん。
11月10日(日)に開催される大学生の今しか出来ないことを知るイベント「カノウセイフェス」の運営として、準備の真っ只中です。

ーーーー今まで振り返ってみてどんな大学生活でしたか?

部活の推薦で大学に入学しました。小3からバスケばかりでした。大学2年の授業の先生の出会いが衝撃でした。一言で言うと破天荒。(笑)その先生と話すうちに、自分はバスケの世界しか知らないんだなと。今まで、周りと合わせていた部分がありました。自由にできる今、周りと合わせてることがもったいないなって(笑)

▲バスケ部だったころの松本さん

 

ーーーーカノウセイフェスに関わる最初のきっかけは?

バスケ部をやめて、「なんかやってみたい」と思っていた時期でした。その時に、ガクトラボ(学生と地域をつなげる会社)のコーディネーターである石原さんに、大学のイベントで出会ったんです。偶然、席が横になって、なぜかLINE交換してました。コーディネーターだし、いろんなことを知っている!と思ったので。

▲大学での新入生女子会のイベントの様子

ーーーー実際、話してみてどうでしたか?

「PC打つの早いな」って思いました。めっちゃ話聞いてくれて、色々なイベント・自分に合ったアドバイスをくれました。その中で、カノウセイフェスの運営をやってみない?というお話をいただきました。

ーーーーなんかやってみたい!という当初抱いていた想いはどうなりましたか?

どういうイベントにしたらいいか?と新しく企画を立ち上げることができたのが大きかったです。アイデア出し、会議の進め方、PCの操作などを教えてもらいながら、現在も学んでいます。

▲カノウセイフェスの会議の様子

ーーーーカノウセイフェスの運営って大学生の皆さんとガクトラボなんですよね。ガクトラボって実際どうですか?

知っている人は知っているけど、知らない人は知らない。巷で有名な会社というイメージです。

ーーーー最後にカノウセイフェスに向けて一言お願いします!

こんなにオープンなイベントは他にはないと思います。みんなで作っていく、みんながいるから完成する会です。学生のみなさんに沢山来てほしいです!


松本さん、ありがとうございました!同じような気持ちを抱えている人も多いのでは?と感じました。

一度ガクトラボのコーディネーターと話してみたい!と感じた方は、こちらのフォームからお気軽にお問い合わせください。

https://g-garena.jp/contact