1. HOME
  2. プロジェクト情報
  3. 現場改善から会社を変えていく。

募集中

現場改善から会社を変えていく。

想いあるお茶屋さんでのプロジェクト。

お茶屋さん

社内改善

  • 企業

    株式会社丸八製茶場

  • 募集期間

    2019.12.01-2020.03.31

お茶屋さん

社内改善

プロジェクトについて

プロジェクトについて

創業は1863年と今から156年前。丸八製茶場ははじまりました。

時代とともに柔軟に変わりつつ、新しいチャレンジもしています。

 

1.丸八製茶場の想い

丸八製茶場は、農家から買い取った茶葉を焙煎して、商品化したものを販売している会社です。156年続いている、と言われると少し堅苦しいイメージがあるかもしれません。しかし、世の中のニーズや流れに合わせて商品の見せ方や店舗のあり方にも工夫がされています。

▲ティーパックパッケージ

丸八製茶場を引っ張るのは、丸谷社長。丸八製茶場を経営していく上で、丸谷社長には大切にしたい想いがあります。

 

それは、お茶本来の価値を取り戻したいという想いです。今や、お茶と言われれば多くの人が、外で購入したペットボトルを連想するでしょう。しかし、お茶はもともと家庭に当たり前にあり、家族団欒やコミュニケーションを生む役割も果たしていました。お茶が生む人と人の繋がりや会話の機会を、お茶屋として取り戻せないかと考えています。

 

2.これまで

江戸時代から続く、丸八製茶場は昭和まで安いお茶を取り扱う卸し中心の会社でした。転機となったのは、現丸谷社長のお父様の時代です。昭和天皇が石川に来られることになり、その際にお出しするお茶に、丸八製茶場のお茶が選ばれました。

▲昭和天皇にも飲んでいただいた献上加賀棒茶

当時、主力商品だった棒茶は安いお茶という認識が強くありました。しかし、昭和天皇にお出しするため原料から見直し、高品質なお茶へと変わることになりました。その出来事をきっかけに、安いお茶を取り扱うことから、高品質なお茶を直接お客様へ届ける会社へと切り替わっていきました。

 

3.これからとプロジェクトについて

丸八製茶場がこれからさらにやっていきたいことは、値段が高くてもそれだけの価値がある、と感じていただける様なお茶を提供することです。これは、お茶に関わる農家や周辺の産業にとっても大切です。そのためには、さらなる品質の向上と品質だけではなくお客様に対するサービスも高めていきたいと考えています。

▲急須で入れたお茶

そうしたお茶をお届けしていくため、一番最初にやりたいことが現場改善と社員さんの意識改革です。素敵な想いを持たれ経営されているものの、現場(特に製造)にはまだまだ改善できることがたくさんあります。

 

そのため、まずは社員さん自身が現場や身近なところから自ら考え、動いていけるような会社にしていきたいと考えています。例えば、掃除のやり方ひとつ、作業方法一つをとっても変えていくことができます。このプロジェクトでは、インターン生自身が現場改善に取り組みつつ、社員さんの意識を変えていきます。

 

現場改善と社員さんの意識改革。この二本柱は、これからの丸八製茶場にとってとても重要なプロジェクトとなります。想いに共感し、現場から会社を変えていくそんなプロジェクトに関わってくれるインターン生を募集します!

期待する効果/挑戦できる仕事

期待する効果/挑戦できる仕事

  • 挑戦できる仕事:

  • 茶葉製造工場の改善

  • 社長の右腕としての社内改善

  • 期待する成果:

  • 社員さんに感謝される改善を10個以上行うこと

募集要項

募集要項

対象となる人
  • 以下のいずれか一つに当てはまればOKです

  • 既存の枠に捕らわれずに、改善提案をする心意気がある人

  • お茶や食品の現場に興味がある人

  • 人とのコミュニケーションが好きな人

  •  

期間/活動条件
  • 6ヶ月 【休暇中】週3.5〜4日以上(フルタイム)【学期中】週2〜3日以上

  •  

活動場所
  • 〒922-0331  加賀市動橋町タ1-8 加賀市の動橋駅徒歩10分の本社です

    学期中は加賀、金沢、での在宅勤務も柔軟に対応できますのでご相談ください

    地図を見る

  • 動橋駅より徒歩10分

その他

事前課題について:株式会社丸八製茶場  加賀棒茶の誕生  戦略転換のシナリオ  出島二郎著を読んで感想(印象に残った点、思ったことなどなんでもよい)をまとめること

受け入れ企業紹介

受け入れ企業紹介

株式会社丸八製茶場

丸八製茶場は、石川県加賀市で、品質にこだわった日本茶の製造・販売をしております。一番茶の茎の旨味を損なうことのないよう、浅く焙じた献上加賀棒茶をはじめ、煎茶、抹茶、玉露などを取り扱っております。

事業内容
製茶業
設立
1863年 創業
代表者
代表取締役 丸谷誠慶
従業員数
76名
WEB
https://www.kagaboucha.co.jp/

関係者からのメッセージ

関係者からのメッセージ

経営者からのメッセージ

加賀市でほうじ茶をつくっている会社です。 石川県は茶の主産地ではありませんが、ほうじ茶を日常的に飲む習慣が根 付いています。ごまかしでなく、おいしく品質の高いほうじ茶をつくるこ とで、ほうじ茶の価値を高めようと努めてきました。創業から150年余りになりますが、お茶そのものだけでなく、周辺ツールや場をつくること まで、常に新しいことを考え挑戦しています。

略歴:株式会社丸八製茶場 代表取締役 1978年加賀市生まれ。加賀棒茶をはじめ、ほうじ茶に特化した日本茶の製造、販売を行う。 日本の伝統の味を受け継ぎ伝えていくユニット、HANDREDのメンバーとしても活動中。

コーディネーターからのメッセージ

成長したい、今しかできないことをしたい、色んな経験をしたい。そう話す学生は多いです。でも、実際に行動に移す学生は、少ないのが現状。親の反対だったり、めんどくさくなたり、不安になったり。そして、チャンスを見過ごす学生をたくさん見てきました。

学生へ伝えたいことは、自分が「やりたい!」と思ったら、その思いを大切にして一歩踏み出してほしいということ。コーディネーターはあなたの挑戦を全力でサポートします。何かにチャレンジしたい!という方はインターンシップに限らず気軽に相談してみてください◎

興味がある/まずは相談してみる